シーちゃんと

時々はシーちゃんとこっそり泣こう

いのち

めぐりあえたら ふたたび と また あの 大声で鳴いていた捨て猫のいた場所へと その近辺を 徘徊してた あれから 何度か それで めぐりあう ということはなくて 冬だ スコップ 長靴 用意してないし 逃亡? 逃げられないよ 動物が好きすぎて 動物病院でバイト…

こわい

パパのシャコバサボテン すっかり みすぼらしくしてしまった ママが 退院したら お家でお世話できる ということになり その準備 すすめていた二年前の 今頃 毎日 病院からの帰りが遅くなり 何しろ 毎日 毎夜 後ろ髪… なのと 栄養管理や吸引の実地訓練? も …

いのちのこと

いま わたしがみるもの まだ きれいになっていない部屋ふくめ お家のなかの様子 窓から覗く空 お山 お月さまと星たち 歩いてゆけるところの景色 大切な ママのファイルにおさめられた 写真と書類 本 ノート お野菜やら食材 衣類やら 始末に迷っている趣味の…

手のひらの

たくさん洗って 乾かして さて と あらためて吟味しては やはり 捨て… 徒労に終わると そんなのがつづくと へこたれて ぜんぜん はかどらないし そわそわ 落ちつかなくなって… かなしくなって… 廊下で捨てるための始末していて なんか むしょうに パパママが…

いとしい

突然 涙は わっ…と わく いまだに おそらく いまだからこそ 否定も肯定もしない 涙を かなしみだけで泣くのじゃない 今日も 救急車が立て続けにゆく 受け入れ先の病院が すぐに見つかりますように… こころ ざわつく 涙と浮かぶおもいは ただ いとしい という…

まぼろし

ここ 津軽に ゆかりのある著名人のなかには 少なからず 頑な ともおもえる 一途な 一心な人が 多いようにおもう 言葉足らずか 真実を 語らずに 退いてゆく人たち 夢半ばに よいわるいではなく 正直で 純粋なのだ 明日から オリンピックという 普段から もう…

りんごの種を発見した 何日か前 台所のステンレスの上で ひとつ どきっ… 黒い小さなもの に 恐怖するわたしである… あれ以来 知ってる人は 知ってると… 言わないよ メガネかけない 裸眼生活 じっと 確認 おそろしいけど 近づいて あー! なんだー りんごの種…

夏の空気

一気に 空気が 夏になってた 朝の 涼しいうちに すこしでも 捨てるもの集めしようか と 窓を開けたら ああ 夏… と おもった 昨年の はりつめながらも 一生懸命にママのお世話してた自分と いまと たった 一年だというのに まったく違っているな… って おもっ…

おやすみ

台風の影響なのか 例の 覚えにくい名前の 豪雨なのか… おやすみ おやすみよ 雨よ… あちらこちらで 降っていたみたい 湿度が 異様に高く じっとり冷えてくる かろうじて 雨は降らなくて 大量お洗濯の予定は 半分にしといた 食べる も 実験で いろいろ手間かけ…

喪失

記憶は曖昧 何度かみたことある と おおよそ ストーリーも知ってる と 思ってたら… まったく違ってた 半分は 記憶と ほとんど かけ離れていた 『子鹿物語』 どうして泣いたの? わたし 幼いわたし… 野生動物 それも 鹿 飼い犬みたいに 飼ってはいけない… 飼…

磨く

真夜中の三時くらいまで お腹はしくしく痛み… おかげで 妙な不安感と 泣きたいような落ち込んだ気分は そのしくしくに 気持ちが集中したためか… ああ お腹いたいよーー だけになって… そのうち 眠った みたい 起きたら また胎児型の緊張ポーズして 顎が疲れ…

親のような御仏

親のいない世界に生きる ということの さみしさ 頼りなさを 本当に知るのは おそらく まだまだ これから… いまは 一周忌に向けて とにかくお家を片付け終わる とにかく どんなに こころが揺れてても おだやかに 生きる そんな思いで 一日一日生きている 神仏…

見えなくても

突風が吹いて 気が気ではなく 静岡県で竜巻被害 お近くと思われる いつも読んでくださっている方の心配してた… どうか 被害がありませんように… 地震も頻発する 風は 強い力をもって 竜巻となって襲う 竜巻が起きたら かならずや シャッターがもっていかれて…

ごめん

いじめてた いや いじめる気はなく… ごめん ごめんね ごめんなさい… 自虐だって 小説家の大先生?じゃないんだから! そして 過去にも いまの自分のためにも!! あんな言い方ないなあ…って 半魚人なんて(これを最後にもう言わない) 愚かなわたしだよ バカ!…

生まれて消える

インドでも コロナウイルスの感染が 猛烈にひろがっているようだ 隣国が 支援の意向という… この困難に 手を差しのべるのことができる国 力になれる人びと 自分のできるだけを 精一杯尽くして 一日を終えた人たち… ありがとう… わたしは 役に立てるでもなく …

小さいこと

非力になった 体力が落ちている自覚 桐箪笥のように 上下に分けて 引き出しも抜いて というものなら 楽に 軽々と運べるけれど 無垢の木材の表面に 合板で化粧してあるようなもので 胸ほどの高さとなると もう 危険! 二階から 下ろせない! 無理しない カビ…

本物ってなんだろう

遅くなった… 気がつくと もう 真っ暗 あわてて晩ご飯 それから また もの整理 うーん… ママの娘時代の 丸い袂のお着物から 白地に青い小さな花模様の 青い可愛らしいscallopがほどこされた 小さなハンカチを発見!☺️ カワイイ!! けど… カピカピ? お醤油色…

苦い

昨日のthinner事件のつづき 結論は ようやっと… まだ 頭?首の付け根?? とにかく後頭部が痛いけれど ふらふらや手のピリピリは ほぼ消えつつあり あれから現れた吐き気は 弟が十代の頃 酩酊して ほんの少量の吐瀉物で 呼吸が妨げられ死にかけた場面に遭遇…

センチメンタルもいいって

朝は白湯がよい 起きて胃に注ぐのは 毎朝の白湯からという決まり 冷たいお水を飲んでた時期も いきなりココアの時期もあり 腸と胃にならい… 白湯に落ちつく 実験ののち おんなじようにしていた方の記事で でもお腹が緩くなる?って そうなんだ… そんな効果?…

いのちの成分は?

ヨーグルトを仕込んだ 生乳のヨーグルトが美味しくて それを種にした牛乳を 半日温かく保つ 例のごとく… 買わないわたし あらゆる道具は 少数精鋭 で 工夫する カンタンに言うと ギリギリで 手の仕事を助けるのみ なるべく電気を使わないように… 姉上さまの…

探してる言葉

伝えたいことがある ずっと 言葉を 探している 伝えられなかった 伝わらなかった 言葉 このままで 死んじゃうかな… わからない わかってほしかった わかってあげたかった でも もう遅い 言葉を探しているなら 不意にとびだす言葉なら 飲み込むべきだった 言…

Wanna be like you

不覚!! わたしとしたことが… 無念… 隙はなかったのに 走り寄って来て! touch✋ 背中 背中だからいいってことない 肩じゃない 背中 ガシッ✋ 掴むみたいに… 例のあのお方だよ 本気で しょげた今日は そんな気持ち 永遠に伝わらない 繰り返しやる だから 離れ…

おいしいよ

天国にいる人に お茶や飲み物 食べ物をお供えして祈る 仏さまと いっしょにいただく おいしいよ おいしいね 誰かと そう言って いっしょに食べられたら 最高のしあわせだね… 考えただけで 泣いてしまうよ かなしくないよ… しあわせの記憶 今日は パパを育て…

いのちあっての

物種… そうだね… 生きていたら 最高 で 一日 一日 いのちを捧げている 誰に? 誰かに じゃ 犠牲になってる? 世のため人のため じゃウソっぽい そもそも 誰の役にも立ててない わたし… 神さまにいただいたいのち を 神さまにお返しして 捧げてゆく そのため…

嵐のまえの人心地

今夜から 再び 三度? の 嵐がくるようだ まだまだ冬はこれから 雪も… 午後になり 救急車が通る度に 見知らぬ人の無事を祈る 朝ちょっぴり 踏み台昇降して そのままいろいろやってたら ひどい寒気がした ひゃっっ!! 寒気と耳鳴りはセット すぐに全身着替え…

消えちゃうの?

雪が消えて まるで春みたい! ここのお家が 晴天の日にもっともぽかぽかな場所は トイレ… とお風呂 若干パパの部屋 は すでに物置部屋…☺️ こんなにこんなに ぽかぽか☀️であったかくって 寒気… と ひどい耳鳴りと鼻水 飲み物を飲むと少し喉が痛い もともと 免…

雪と突風とミルクシチュー

ホワイトアウトって? こんなの?? 耳 凍ってないかな? とか… 命を守る行動をしてください という あの美しい声が 聞こえた気がして 気が遠くなる クイブチつくる… って言ってた人もいた 除雪に多くの経費かかるここでは 雪もクイブチつくるんだろな… と考…

白鳥といっしょに

ママが旅立つという 四十九日でした 忌明け 黒いリボン 遺影から外して お花をあたらしく きれいにして パパと二人いっしょの めおと位牌 姉上さまが頼んでくれた ママの前に… 二人は いつもいっしょで 仲良しで よかったね…☺️ 白鳥が飛んでたのは… ママのお…

おはよう

おはようございます❗ って初めて かも?? 今日の新聞には… あの事件から50年… コロナ… 介護の頃の朝なら 今頃は体位変換していた ママの呼吸が安らかならば それだけで 微熱でとどまっていたら おお!☺️ ってくらい しあわせ というスタート 夜まで そんな …

いちとひとつとひとり

夜は考え事やめよう って ろくな結論出ないって ブログ書くのは だいたい夜なので… 反射的?に思い出すこの言葉 いつも読む大好きなブログ 消化器系医療系ブログの 作者先生??が 言ってた言葉 正確には 登場人物に言わせていたんだけど そのブログ ママ介…