シーちゃんと

時々はシーちゃんとこっそり泣こう…ひとりぽっち介護

ときめき

生きるうえで

ときめきが必要なのは

よくわかるけど

 

どうしてなのかな

 

初恋は

それまで知らなかった

こわいほどの胸の高鳴りと

堂々巡りの

死にたくなるくらいな

苦しみを教えてくれた

 

ふりかえれば

 

本当に

恋、というなら

 

友だちと大騒ぎしていた同級生に対してではなく

担任の先生に恋心を抱いていたなあ…☺️

 

「お前という人間は愛せないが、その才能を愛す」

 

先生との交換日記に書かれてしまうほど…☺️

 

 

 

コロナウイルス

世界が変わり

ここで死ぬ覚悟も決めて

 

先生はお元気か

または

生きておられるか…

 

気がかり…

 

昨年の9月に

ママが入院してから

一日は

ママの症状とともにあって😽

 

苦しくないこと

ただひたすら

そこを目指してのケアと

祈り

 

あの最高値のぴょこぴょこ熱🐣

どっか行っちゃった模様

🐤…

 

これからも

🐥タタカイはつづく

はず

がんばろ❗ママ

 

とりあえずの

ママとわたしの平和が

また今日だけ

今夜だけかもしれないけど

また

ここにもどって

 

寝息を聴いて…

 

交換日記って

グループごとにしてたんだったかな…

何のためだ??☺️

 

自分の日記を捨ててしまってから

記憶に残ったことだけ

大切にして生きている

 

 

コロナウイルスの猛威で

世界が一変したけれど

ここから

また始めから

新しく始めてゆくこと

が必要なんだろう

 

もどろう

というのは

きっと苦しみにつながる

 

体のことで考えても

病を与えられた後に

完全にもどれるということはない

 

楽になったこと

生きていることを

喜ばなくては

病以前より

不健康な心身となる

 

それから人間に出来るのは

病で得たものと

ともに生きて

 

より強くなること

 

 

ときめきが必要な人生…☺️

 

中学生扱いじゃない

大人の扱いしていたのかなあ

shyなくせに

生意気なわたしだったろう

 

手を焼いたね…

 

送る言葉は

ええと…

 

お互い頑張ろう❗

 

みたいな??

 

お互い

うれしかったような…😒

 

ともに

いっしょに

 

こころのなかには

いつもいます

いつも

いつも

 

言われた言葉を念じて

いつ

その約束を果たすのだ…😒

 

ママにも言われたのだ…

消えかけた最後の言葉で

 

まるであの不登校

先生とママが結託してたみたいに

リンク

 

不思議な?☺️

符合

 

準備したつもりが…

 

古いパソコンに

置き去りになってたのも

そこにつながってゆく…

 

どきどきする

 

やんなくちゃいけないことばっかりで

新しいパソコンは使えず…

 

 

新しいポジショニングのクッションの

カバーも縫わなくちゃ…

介護用品

お肌にはめちゃくちゃキビシイぞ

どうなっているのだ??☺️

紙ヤスリ感?

健康でも無理!な素材多し

 

 

眠くて

ふらふらで

でも

 

ときめきたい💖

本読んで

 

こころに抱く言葉と

 

ああ

一日

いったい何度眠りにつくんだろう…

シーちゃんが

 

ぬいぐるみのシーちゃんのほうが

よっぽどイキイキしている…

 

コロナウイルスが落ちついて

とりあえず

平和…☺️な夢を見て

 

何度でも

眠ろう

 

生命力が必要なのだ

ときめきと…

 

ママの生命力

すごい…☺️

 

ありがとう

 

 

早すぎる

もう週末

 

今週は大変な週だったけど

何とか頑張れた

 

ときめき💖

あったかな??

 

おこもりのときめき

本の中…📖

 

熱が落ちついて

 

ときめき探し

の前に

こっそり体位変換☺️

 

ときめいてね…☺️

 

また

明日

 

おやすみなさい