シーちゃんと

時々はシーちゃんとこっそり泣こう

今夜だけ

ママがお家で眠っています

 

慟哭しては

 

落ちつき

また慟哭

 

お線香あげ

 

慟哭…

 

 

お部屋を片付けなくてはなりません

 

お線香が消えそう…

 

 

ママの眠る枕元に正座して

お顔を見ながら書いている

 

生きてお家には帰れませんでした

 

 

 

 

退院の着替えを持って

病院に到着して

コロナウイルス対策の検温や

面会記録の紙を書いていると

電話が鳴った

 

 

個室に移されて

 

ほんの少し前に急変した

 

 

あと

たった5日の命としたら

どんなに苦しくても

お家においておきたかった

 

やっぱり

どんな状態でも

お家にいてほしかった

 

 

もっと

もっと

いっしょにいたかった

 

いま仏間に眠るママと二人

いつもの二人ぽっち

ママは

もうどこも痛くない

どこも苦しくない

 

きれいなお顔で

ゆっくり眠っています

 

苦しくないことを願って

天国へゆけるようにと願って

ママと二人で

 

一生懸命暮らして

 

でも

本当は

 

ただ

いっしょにいたかった

 

 

 

生きててほしかった

 

 

明日は納棺

お家で

葬儀社の方と

いっしょに

からだもお顔も

きれいにしてあげます

 

いつもの桜のお線香にした

 

ママはもうむせないけど

いつもの香りで

 

 

今夜だけは

お家の畳の上で

ぐっすり眠ってね

ママ

 

今夜だけ

 

棺に納めるのも

かわいそうに思うくらい

 

ママー

と呼んだら

 

はーい

起きそうなくらい

 

よいお顔です

 

 

やらなくてはいけないこと

たくさんあります

でも

今夜はずっと

ママの枕元にいよう…

今夜が

お家でお布団に眠る

最後の日

 

 

後悔はしない

とケアマネさんに言ったけれど

 

いま旅立とうという

微かな呼吸で

待っていてくれたママに

ごめんねしか言えなくて

 

ごめんねごめんねしか言えなくて

号泣して

 

ありがとう

 

心電図モニターの

アラームが鳴ってから

 

ごめんね

ごめんね

ママごめん…

 

ありがとう

ありがとう

 

頑張ってくれて

わたしを助けてくれて

わたしを支えてくれて

 

わたしを生んでくれて

 

ありがとう

 

最後に

待っていてくれて

ありがとう

 

 

後悔はしない

先生にも

姉上様にも言われた

 

後悔しない人生を送ってきた

 

どうして

こんなに胸が苦しいんだろう

きっと

ママと一日中いっしょに生きてた時間が

楽しかったんだ…

離れたくないんだ…

 

今夜だけだから

いっしょにいるよ

 

いつもとおんなじ

二人ぽっちの夜

 

明日は納棺です

 

泣きすぎて

ヘリオトロープ疹みたいな…

目があかない

 

 

 

死は

曖昧な線引きで

死後しばらくは

耳が聴こえているという

 

もう

聴こえないかもしれないけど

 

カチューシャの唄を歌って

 

 

もう少し

ママの枕元にいます

 

 

ありがとう

 

 

ママが

天国へ旅立ちました

でも

ここで

 

ゆっくり

眠っています