シーちゃんと

時々はシーちゃんとこっそり泣こう

思い出して想像して

回想してみることが

コロナ禍のストレスから

窮屈な自分を解放するのに

とても役立つ

とか

 

ラジオで

どこかの大学の先生が提案してて

医師でもある人だから

エビデンス明らかなのだろうに

 

聴いてた人から

「嫌なこと思い出して

 嫌な気分になったらどーする!」

って

 

ソッコーメール…💫

でも

台本ありの企画なので

そのままアナウンサーたちと

回想に突入…

 

小学校二年生に住んでたお家を~…

思い出してみてください~…😒

 

ふんふん…

小学校二年生のお家は…

 

 

おじいちゃんが建てた古いお家だ…✴️

大好きなお家!

京風の町屋造り…

小さな坪庭があって

 

季節ごとにたくさんの花を咲かせる

小さな木が

あちらこちらに植えられてて

 

おじいちゃんによく手入れされてて

やさしい風が通り抜け

気持ちよさそうに

縁側に向かって

 

挨拶してるみたいな…

 

縁側には

鈍色の猫がいる

のんびり

お手々を舐めている…

 

 

わたしは

夏休みに水草を育てた…

金魚は

猫に獲られた…

 

 

姉上さまもまだ小さい

お揃いの洋服は

この夏には作ってもらえなかった

 

前の年に

おじいちゃんが突然事故が原因の

大したことない怪我の感染で

 

天国へ行って…

 

ママは…?

 

弟は…

 

 

確かに

回想は

こころを解放してくれるかもしれない

 

 

いつか

 

今夜のことも

また

ひとりで

思い出すこともあるのかなあ…?

って…

 

 

しみじみと

ひとり…

 

さっきの短歌とても不謹慎だ

そして

小麦粉は

もう食べていないし

 

姉上さまは

美味しいものしか!

食べなくていい!!っていう人で

 

でも

そのわたしオリジナルの肉野菜すいとん

美味しい!😃って

食べてくれたんだ…

 

その時は

仙台のひとり暮らしのアパートで

すいとん作って食べてる自分を

思い出していたっけ…☺️

 

 

ママが倒れて

 

相次いで

パパの末期ガンも発覚して

姉弟三人集合して

あたふた

おろおろしてたわたしに

 

飛んできた言葉は…

「あなたがいるのにご飯も

 お弁当もできてない!出てこない!!」

だったな…

 

ママにくっついて

いつも台所にいた…

 

わたしは

おろおろしてたら

いけなくて

 

ママに代わって

ママがやってたことやって

それから

 

パパママのお世話なのか…

って

 

 

パパにも

ママの代役を求められた

根拠のない

現実無視した励ましの言葉を

きっと

期待してたんだ…

 

しなかったよね

パパ

 

だって

もうすぐ

無意味な点滴も外して

 

楽になって

 

天国へゆく準備を

始めなくちゃいけなかったんだから…

 

 

ああ

わるい娘だなあ

わるい妹で

わるい姉だ…😿

 

 

でも

 

回想して

 

思い出して

今夜は

 

ほんの少しだけ

 

これでよかった

思えたよ

シーちゃん😼

 

ありがとう

 

 

ここまで

来れた道の

あったこと

出会った人

 

これからも

いつも

そばに

いてくれる

パパママ

 

ありがとう…

 

支えてくれてる

姉上さま

ありがとう

 

 

甥っ子クンを

生んでくれた弟のお嫁さん

頑張って育ててる弟

ありがとう…

 

 

みんな

ありがとう

 

 

いつが

最後になってもいい

なんて言って

 

誰とも連絡しない

つながってない

孤独なわたしを

許して…

 

 

ありがとう

 

 

生きてて

よかった

って思って

その時をむかえたいなあ…☺️

 

いつかは

かならず

その時がやってくるんだから

 

そのために

今夜はゆっくり休もう

そうして

 

明日も

わたしができること

これからの仕度を

ひとつずつ

始めよう…

 

 

 

救急車…

病床が

相次ぐクラスターで逼迫してるって…

 

どうか

ご無事に…

 

 

 

   なにひとつ

   役立たぬゆへ生きゆくと

   誓ひし夜の

   サイレンの音

 

 

今夜の短歌です…☺️

生きる

とか

死ぬ

とか

 

自分じゃ決められないように

 

役立つ

役立たない

おそらく主観…😣

 

役に立ちたい

思い上がり?

とにかく生きて

 

リフォームで

もうなくなったおじいちゃんのお家の面影が

いまも

こころには

生き生きとあるように

 

誰かのこころに

ずっと

 

そっと

生きてもみたかった…

とか

 

 

明日が

よい一日になりますように!☺️

 

ゆっくり

ゆっくり

お休みください…

 

ありがとう

 

 

また

明日

 

 

 

おやすみなさい