シーちゃんと

時々はシーちゃんとこっそり泣こう

天国まで届くように

あれから

ママの処置をして

 

紙系の整理をして

背中

ますます痛みが増した

机もテーブルもなく

 

居間の家具はすべて大型ごみに出した

作業は

床にひろげて

しゃがんで

足腰鍛えながら…☺️

 

 

ブログ

なんなら

 

天国まで

届かないかなあ…とか😒

 

そんくらい思っちゃうほどに

友だちが天国にいる

若くして

 

おじいちゃんも早くに旅立ち

もうパパも…

 

 

届かないかなあ…

 

 

届くはずもないのに!!☺️

毎晩

 

ひとりさみしく

 

公開…👆

 

バカなのだ

わたし

 

 

今夜は

疲れ過ぎて

ママの元気なさ過ぎて

また痰の咳の連続で

 

おまけに

口唇ヘルペス??☺️

らしき水疱が現れて…😒

 

 

紙仕分け途中で放棄して

古い本を部屋から持ち出して

読んでいたら

不思議な紙が…

 

脳波の波形…

ああ!

 

一瞬

その子の名前を

思い出せなくなって

いつも

野蛮にも名字を呼び捨てしてたわたし…☺️

 

うわっ!

バチアタリめっ!!

その瞬間

 

思い出した

 

仮に

 

にゃーちゃんとしよう

 

にゃーちゃんは

神経科があるビルの

駐車場でアルバイトしてた

そこのコメディカルたちと仲良しで

 

不要になって廃棄する脳波の紙を

大量にもらっては分けてくれた

わたしたちは当時

同じ専門学校の同級生で

すぐに仲良しになった

 

お経や念仏みたいな

経穴の名称や

意味不明な古典の文章を

丸暗記!!😽する必要があって

 

脳波の紙の裏に

ひたすら

それらの漢字を書き

それを繰り返して覚えていくという

何とも効率の悪い方法で

必死に頑張っていた

 

そんなカナシイ作業のために

その紙は大変重宝だったのだが

 

何しろ

脳波だし

おそらく患者のものであるからには

 

何らかの異常があるんだろうなあ…😒

と考えながらその波形を見たりすると

 

カナシイ作業は

ますます

カナシイものになってくように思われた

 

でも

節約家のにゃーちゃんは

いつも嬉々として

 

「ほら😃金魚のふんちゃんにも

 いっぱいあげるよーー❗」

 

って

 

持てないほどの

時に

赤ペンでガシャガシャに何か書いてあったりする

不気味な脳波の紙も混入した

大量の紙をわたしに分けてくれた

 

お礼は

いつもわたしの手作りご飯

わたしのアパートで

いっぱい作って

二人でとにかくいっぱい食べた

 

わたしと食べる以外は

にゃーちゃんは

摂食に問題を抱えていて

主食はお菓子か白米のみで

心配してたけど

 

二人で食べる時は

おいしく

いっぱい食べて

 

ずっといっしょにいて

ゆっくり話せたから

 

少し安心してたんだけど☺️

 

 

 

自分が苦しいのに

いつもわたしの心配してくれたなあ…😿

 

いちばん最後にあった夜

 

どうして

いっしょにご飯

食べなかったんだろう…😒

 

ごめん…

 

会いたいよ

 

 

にゃーちゃんの分も

しっかり

いっぱい食べて生きてるよ☺️

 

食べてくれてるもんね

ずっと

いっしょに

 

病なんて

いっしょに

ゆっくり歩いてゆけばよかったのになあ…

 

生きてたら

必ず

何とかなるのになあ…

 

 

そういうわたしに

なったんだよ

にゃーちゃん

 

ひとりぽっちで

ママを看取るんだから☺️

見ててよ

 

頼むよ

 

頑張るから

ねえ

シーちゃん🐱

 

あ!

天国には

ヤツらが

 

わたしのにゃんこたちがいるんだっけ…🙀

そうでした☺️

 

 

アホなのだ

 

毎晩

天国へ

 

こころを飛ばしておる…✴️

 

病と

いっしょに

 

ゆっくりいくよ…☺️

にゃーちゃん

 

 

妄想じゃない

祈りなのだ…

ママもわたしも

たどりつけるように

ガンバる

 

 

日曜日

へとへとな…😽

ママとわたしであった

 

紙いっぱいひろげて!☺️

 

寝ちゃう…

 

ありがとう

 

 

おやすみなさい