シーちゃんと

時々はシーちゃんとこっそり泣こう

祈りと

一日

 

一日

生きている

 

コロナウイルス

パンデミックから

 

その

終わりを

落ちつくのを

祈り

 

変わりゆく

世界の

 

平和を

祈ってきた…

 

 

もとより視ないテレビ

そして

あまり見ない覗かない

ネットのニュース

SNS

そちらの世界も

 

現実の社会も

 

いずこも

 

刺々しく感じる

 

ぎすぎす

荒んで

 

毒づいてたり

 

苛立ちばかり

目につくようになってきた

 

 

次第に

凶悪な事件が増えて

そんな模倣の未遂?

のような事件も

あちこちで起き

 

田舎では

自殺や孤独死の話を

やたらと

耳にする…

 

有名な

まさか

という人たちが

相次いで

自ら

この世を去ってしまったり…

 

 

本当に

とうとう

そういう時代が

やって来てしまったんだ

 

居場所のない

身の置き所ないわたしには

ただ

ただ

いたたまれないおもいと

 

祈るしか

できない日々が

つづいた

 

つづいてる…

 

 

痛ましい死をも招いてしまった

泥沼をおもわせる

最悪の問題が

未解決のまま…

 

それを

そのままで

退いて

 

 

あってはならない殺人事件

銃撃という

ショッキングな事件…

 

殺害された

ということで?

 

国葬

 

複雑なおもい

 

 

よく

わからない

 

 

荒んでくネットのコメントでは

コロナ対策に

右往左往して

 

高級ガーゼマスク配布…

というあたりには

 

 受診したって診てやらない!

 

とか言う

自称医療従事者?

という人たちが

たくさん現れて

 

過激な言葉

撒き散らしていたっけなあ…

わたしなんかも

見てしまったぐらいだから

 

あれで

憂鬱にはなった

真に受けたりは

しないけれども

 

総理大臣でも診てもらえないなら?

医療機関にはいけないなあ…

なんて

バカなことも考えた

 

悩んで

考えて

迷いに迷ったあげく

ワクチン未接種の方向を

自ら

選択してしまったわたしは

 

その時

もしも

やってきたら…?

 

どうするか?

毎日毎日

考えて生きてきた

 

考えても

 

いざ

その時

どうできるか?ということじゃないし

 

ひたすら

おこもり

ひたすら予防

考え得る防衛の策は全部確実に実行

繰り返している

 

けど

もとがよわいからね

シーちゃん😿

明日はわからない

でも

誰しも

おなじ

 

 

突然

体調悪化して

動けなくなって死亡するケース

急増してた

若い人もだ

 

 

覚悟した…

 

覚悟してる

 

だから

死のお片付け

 

しっかり

やらなくては…

 

けど

今日はダウン

 

動けなくて

 

だるくて

だるくて

休んでた

 

1時間ごと抗生剤点眼二種類

左眼のお薬もさらに増えた

 

宵宮?

花火の音…

爆発音に聞こえた

 

救急車が行った…

 

 

医療の現場は

コロナから

緊張状態が

つづいているだろうなあ…

 

そうでなくても

医療者は大変で

 

その時

には

 

凄絶だったり

過酷なのは

長い入院生活で

 

急変

間近に見て

聞いて

 

知ってしまった…😢

 

カーテン越しの

修羅場や

 

運ばれて

 

それきり

会うことなかった患者さんや

 

隣の病室の

真夜中の呻き声…

駆けつける足音

 

ママの入院中にも

あったなあ…

 

処置

落ちついて

 

先生の

明るい声

響いたときには

 

ほっ

として

 

泣けたね

ママ…

 

 

悪としても

たとえ

悪を為した人間でも

 

救命すべき

人命

 

もしも

米国で

あの銃撃事件が実行されてたら

犯人は

即座に射殺されてしまって

そのまま終わってしまった

 

解明されること

祈る

 

あの

泥沼みたいな問題も

もろもろ

背後の

欲がらみから起きた

問題も

 

死後であろうと

 

明らかになること

祈る…

 

 

亡くなった人がいる

欲のせいで…

 

 

 

人権

平和

環境

 

これらは

曹洞宗のスローガン

 

おおよそ

仏教は

ここに

向かっているだろう

 

そうして

祈っているだろう

 

卑しくは

わたしも

祈っている…

 

 

曹洞宗では

まず

衆生しゅじょう

人びとのために

祈る

 

これは

宗教は

すべて

そうとおもう…

 

与えよ

という…

 

たとえ

たったひと言の

やさしい言葉でもよい

と…

 

笑顔でもよい

と…

 

 

何も持たぬ

よわい人が

 

追い込まれ

 

せめてもの

生きた証のように

 

自ら死を選ぶ

そのような幕引きは

あってはならない

 

そんな社会は

ゆるされない

 

 

平和を

祈る

 

生きていてください

祈る…

 

 

まだまだ

死のお片付け

とはゆかない

ここだけれど

 

手をいれられぬままに

朽ちてゆくお家だからこそ

 

きれいにしたい

 

あの

最悪の

混沌を

 

いちばん

知っていてくれるのは

 

姉上さま

なのだ

 

ここまで来れた

というだけでも

 

わたしが

ママと

ここで

 

しばらくを

生きていた

 

二人の

こころには

残せた

 

それだけは

できたんだ…

おもいたい…😒

 

明日なんて

わかんない

今日

 

生きている

今日

 

 

何があろうと

かならず

かならず

 

生きていてください…

 

 

殺す気か!

などという

物騒な言葉

見知らぬ人間にも

ぶつけられるような…

 

大昔の

村社会

みたいな

 

世間が

横並びの事なかれで

画一的で

 

違うもの

排他せずには居れない

そんな

ママがおそれた

世間

 

ここには

 

まだまだ

あった…

 

気づかされもした

コロナ…

 

 

どうか

 

どうか

 

おとなしく

よわく…

 

消滅

できれば

自滅…!

してくれるように…😣

 

ママの月命日

力が入らない

変な声で

お経…

あれ??

 

カリウム??

脱水か…

へとへと声だった…

 

ラタトゥイユ風味イワシを食べて

あ!書き忘れたな

ニンジン🥕も入ってたっけ!☺️

 

赤青オレンジ

白に茶色!

イワシは銀!!

色とりどり

元気になった…

 

 

食べる

にしか

消費活動?なし

だから

 

作って

みんな

自分で作って

 

食べる…

 

これも

祈り…😃

 

 

ありがとう…

 

 

今夜は

どうですか?

 

生きていてください!😣

って

祈りました…

 

かならず

 

かならず

無事に

今日を越えて

 

 

明日を

笑顔で

迎えられるように

 

眠ろうね…

 

 

眠れていますように☺️

 

 

ありがとう

 

また

明日

 

おやすみなさい